2019年11月5日 8:03 pm

名古屋市名東区

牧会計事務所の佐藤です。

 

 

 

 

 

題名の通り、最近インスタにはまっております。

 

※牧会計事務所では事務所インスタグラムを運営しております。

 「牧会計」で検索してフォロー願います。

 

 

 

 

単なる「趣味」ではなく、

より多くの人に、牧会計事務所の存在を知っていただきたい・PRしたい と考えたとき、インスタは非常に有効な手段だと思います。

 

 

 

 

 

BtoC企業の会社を経営されている方、企業の広報にいらっしゃる方は、

自社の「認知度」に非常に敏感であると思います。

 

(B to C企業、、、ビジネス to カスタマーの略。顧客となる対象が一般消費者メインの企業の事)

 

 

 

 

 

 

認知度が高くないと、一般的に消費者は口コミでしかその企業の情報を得ることが出来ません。

 

口コミは非常に強いものですが、これだけに頼っていると認知度の上昇は非常に緩やかになり、

事業規模の急な拡大は望めません。

 

 

 

そこで広告の出番になります。

 

自社の商品を一般消費者向けにPRしたい!

と考えたとき、下記のような様々な手段があります。

 

 

 

①チラシや看板等の作成配布

 

②テレビ、ラジオ等メディアにCMを出す。

 

③インターネット広告の出稿。

 

④SNSを利用

 

 

 

 

時代とともにメインとなる広告手法は変化します。

 

 

テレビやラジオのない時代は看板やチラシが主役であり、

 

テレビ・ラジオの登場で広告業界の主役の座はいわゆる「メディア」の独断場と化しました。

莫大な広告費がメディアを潤わせてきました。

 

 

 

 

 

しかし最近はテレビやラジオ等既存メディアも苦戦しているようです。

 

インスタグラムやFacebook等のSNSの台頭、

そしてyoutube等新興ネットメディアの台頭です。

 

 

 

 

2018年の日本の広告市場は約6.5兆円でした。

 

新聞は約4800億円

 

テレビは1.9兆円

 

ネットでは約1.8兆円です。

 

 

 

 

 

既存メディアは急激に売上が減少する中(テレビは微減)、

インターネット市場規模は急激な発展を見せています。

 

2000年頃は、わずか300億円程でした。

20年で1.7兆円以上の増加を見せています。

 

 

 

 

 

さて、冒頭に戻りまして、、、、

 

インスタグラムだけで生計を立てている人がいるそうです。

(ほかにも収入源はあるのでしょうが、、、。)

 

 

 

基本的に、フォロワー数が多い人は影響力が高いとみなされ、

企業から商品のPRを有料で依頼され、それが収入となるそうです。

 

 

 

さて、この場合の相場ですが、

1回投稿を行うたびに、

 

フォロワー数 X 1円

 

 

が基準となるそうです。

(案件により異なります)

 

 

つまり、1万人フォロワーがいる方は、

1回PR投稿で1万円という事です。。。

 

 

10万人いる方は、1回商品をPRするだけで10万円貰えるということです。(案件によるみたいですが)

 

 

 

 

 

ちなみに牧会計事務所インスタは、

431フォロワーおります(2019.11.6現在。フォロワーの方いつもありがとうございます!!!励みになります!)

 

 

 

 

1万フォロワー!

の前に、まずは地道に1000フォロワーを目標に事務所一丸となりコツコツやっていきます。

 

 

引き続き応援とフォローの程宜しくお願い致します。

 

 

Categorised in: